藤田恭平のfacebook顔画像を調査「田舎の教師はストレスたまる」青森県むつ市教師覚せい剤所持

藤田恭平 Facebook事件
スポンサーリンク

藤田恭平容疑者(ふじたきょうへい)は、青森市のインターネットカフェの駐車場で覚せい剤を所持した容疑で逮捕されました。

この記事は、藤田恭平容疑者のFacebook(フェイスブック)、顔画像、勤務先の中がぅこうについて調査しまとめました。随時更新されます。

スポンサーリンク

藤田恭平のfacebook顔画像を調査

インターネットカフェの駐車場で覚せい剤を所持していた容疑で逮捕されたむつ市の中学校教諭の藤田恭平容疑者のフェイスブックと顔画像を調査しました。

フェイスブックの検索欄に本名を漢字で「藤田恭平」と入力し検索しました。

すると、同姓同名が多いようで数十件のアカウントがヒットしました。プロフィール欄の住所や職業年齢を確認しましたが、藤田恭平容疑者本人のアカウントは発見できませんでした。続いてカタカナで「フジタキョウヘイ」と入力し検索しました。

結果は、同姓同名の別人のアカウントがヒットするのみでした。最後に、ローマ字で「fijita kyohei」と入力し検索しました。

その結果、数件のアカウントがヒットしましたが、本人のものと確認できるアカウントは発見できませんでした。

Facebookのアカウントが見つからなかったので藤田恭平容疑者の顔画像もなかったのですが、送検される様子が報道されていました。

こちらが藤田恭平容疑者の顔画像です。かなり太っていて体格が良さそうですね。職業は中学校の教諭ということですが、担当教科は体育とかやってそうです。完全に見た目の印象ですが、柔道や格闘技の部活動の顧問もやっていそうです。

教師は、学校の業務以外にも部活動やさまざまな雑務があり非常に多忙であり、残業代がほとんどつかないことが問題になっています。藤田恭平容疑者もそんな多忙の日々の中鬱憤を晴らすために覚せい剤を使ったのでしょうか。

スポンサーリンク

藤田恭平の勤務先を調査「脇野沢中学校」

インターネットカフェの駐車場で覚せい剤を所持していた容疑で逮捕されたむつ市の中学校教諭の藤田恭平容疑者の勤務先の中学校を調査しました。

藤田恭平容疑者の勤務する中学校は青森県むつ市の脇野沢中学校ということが判明しています。

逮捕されたのはむつ市脇野沢渡向の脇野沢中学校教諭 藤田恭平容疑者36歳です。 藤田容疑者はきょう正午前、青森市にあるインターネットカフェの駐車場でビニール袋に入った覚せい剤を持っていた現行犯で逮捕されました。
(引用元:RAB青森放送

むつ市立脇野沢中学校をGoogleストリートビューで確認してみると辺りは、森林ばかりで広大なグランドがあるかなり田舎の学校だなという印象です。こんなのどかな地域の中学校の先生がまさか覚せい剤を持っているとは誰も予想していなかったことでしょう。

むつ市は全体的に都心的な部分が少ないため、遊んだり発散したりするには物足りない部分もあるのかなと感じました。ここで毎日同じ顔ぶりで大量の業務をこなすうちに藤田恭平容疑者は魔の手に落ちていったのですね。

覚せい剤を入手したルートは、まだ判明していませんが、覚せい剤と言えば暴力団関係者とのつながりです。こんな田舎で教員という職業をしていながら、覚せい剤、暴力団とのつながりという大きな鎖につながれてしまっていたとしたら、警察に逮捕されてほっとしているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

藤田恭平容疑者の住所を調査

インターネットカフェの駐車場で覚せい剤を所持していた容疑で逮捕されたむつ市の中学校教諭の藤田恭平容疑者の住所を調査しました。

覚醒剤取締法違反の疑いで送検されたのは、むつ市脇野沢渡向の脇野沢中学校教諭、藤田恭平容疑者(36)です。(引用元:ABA青森放送)

報道によりますと、藤田恭平容疑者の住所は青森県むつ市脇野沢渡向ということが判明しました。こちらが、藤田恭平容疑者が住んでいるところの地図画像です。

周辺は、森林と道路、住宅ばかりが立ち並ぶのどかな雰囲気でした。

藤田恭平容疑者はこの地域に住み、この近くの中学校に勤務していました。藤田恭平容疑者の出身がどこかは判明していませんが、ずっとこの地域でいるのは息が詰まることがあったのかもしれません。田舎の閉鎖的な空気や同調圧力に辟易していてそのストレスから薬物に手を染めたのでしょうか。

スポンサーリンク

藤田恭平容疑者「田舎の教師はストレスたまる」

インターネットカフェの駐車場で覚せい剤を所持していた容疑で逮捕されたむつ市の中学校教諭の藤田恭平容疑者の事件に対してニュースサイトのコメント欄にこんな意見がありました。

本州最北の田舎まで薬物が蔓延ってる現実がヤバいよね

青森県むつ市というのどかで自然豊かな田舎で、現役の中学交教師が覚せい剤で逮捕されるというのはなかなかショッキングな事件です。

しかし、田舎だからこそ実は薬物は蔓延っているのではないでしょうか。薬物の売人は都会の人口の多いところには多くいるとは思いますが、田舎は監視の目が届きにくいです。まさかこんな田舎で先生が覚せい剤を使うはずがない。藤田恭平容疑者もきっと周囲はそう思うに違いないと考えていたはずです。

そもそも藤田恭平容疑者が覚せい剤を始めたのは田舎で教師をしているとストレスがものすごくたまるからと考えられます。

どんな職業や環境でもストレスはありますが、閉鎖的な田舎で年功序列、上下関係の厳しい教員の社会を狭い学校の中で過ごすストレスがあったのでしょう。ましてやむつ市の田舎では、気軽に楽しいところに遊びに行ったり飲みに出たりするところもあまりありません。田舎は若者の流出が進んでいるので女性との出会いも少ないことでしょう。そうして、藤田恭平容疑者は田舎で教師をやっていくことのストレスに耐えかねて覚醒剤に手を染めてしまったのではないでしょうか。

それはやっていい理由には全くなりませんが、心のどこかに弱さがありそこに付けいれられたのかもしれません。

スポンサーリンク

過去にあった公務員の薬物事件

インターネットカフェの駐車場で覚せい剤を所持していた容疑で逮捕されたむつ市の中学校教諭の藤田恭平容疑者と同じく、公務員でありながら薬物に手を染めた事件が過去にもありました。

2019年7月に、文部科学省キャリア官僚であった福沢光祐被告も覚せい剤と大麻の所持で逮捕されていました。福沢光祐容疑者が覚醒剤に手を染めた理由は、職場でのストレスでいじめにあっていたからだという。初めは旅先の韓国でのみ使っていたが次第にそれだけでは満足できなくなり、日本でも常用するようになっていきました。

裁判では、性交渉の際に薬物を使用することもあってと供述しており、薬物を断ち切ることに苦労もにじませていました。

藤田恭平容疑者と共通して、公務員と言うお堅い職業についていながら覚せい剤に頼ってしまっていたのでしょう。性的欲望と合わさるとますます薬物を断ち切ることは難しくなります。藤田恭平容疑者が性的目的で使っていたかはまだ判明していませんが、福沢光祐容疑者と同様に使用していたとすると、勤務先の中学校の保護者や生徒たちの衝撃はすさまじいものになるでしょう。

スポンサーリンク

青森県むつ市教師覚せい剤所持事件の概要

むつ市の中学校教諭の藤田恭平容疑者が、青森市のインターネットカフェの駐車場で覚せい剤を所持した容疑で逮捕された事件の詳細を時系列でまとめました。

  • 2021年7月11日の昼頃 青森市のインターネットカフェの駐車場で、藤田恭平容疑者は、覚せい剤の入ったビニール袋を持っているところを警察に発見され逮捕された。
  • 駐車場で車の中に一人でいるところを警察に職務質問され、覚せい剤と注射器の所持が判明した。
  • 警察の調べに対して藤田恭平容疑者は、容疑を認めている。警察は藤田恭平容疑者が覚せい剤を入手した経路を調べている。

むつ市の中学校教諭の藤田恭平容疑者が、青森市のインターネットカフェの駐車場で覚せい剤を所持した容疑で逮捕された事件の新しい情報が入り次第随時追記・更新していきます。(…続く)

郡山侑紗のインスタ画像を調査「ショタコンのために洗脳」大阪市ママ友男児わいせつ事件

コメント