ラブファントムのドラマ化が似てない?

人気漫画「ラブファントム」がドラマ化することが発表されました。

女性人気の高い漫画ということもあって、期待が高い一方で、

イメージが壊れる」「実写は無理」など批判的な声がSNSで見られました。

特に、男性キャストへの不満の声が多かったようです。

登場人物とキャストについて調べてみました。

スポンサーリンク

ラブファントムが実写ドラマ化決定!あらすじと注目のキャストは?

MBSが2021年春にドラマ特区枠で人気漫画「ラブファントム」の実写ドラマ化を発表しました。

原作は女性向け月間漫画雑誌「プチコミック」(小学館)で連載中の「ラブファントム」です。

あらすじは、有能で完璧すぎるがゆえに「怪人」と呼ばれるエリートホテルマン・長谷慧と、平凡だかひたむきなホテルカフェ店員の主人公・平沢百々子が恋に落ち、周囲に隠しながら秘密の恋をするという物語です。

主人公より一回り年上のイケオジとして描かれる長谷を演じるのは、
俳優の桐山漣(35)です。

そして、イケメンでクールな長谷に溺愛される主人公・百々子を演じるのが
女優・小西桜子(22)です。

実際の役を演じる二人も一回りの年の差があるので、登場人物と年齢でのギャップはあまりありませんね!

スポンサーリンク

ラブファントムのドラマキャストは登場人物と似てない?

人気漫画を実写化する場合、キャストが原作のキャラと似てないなどイメージが損なわれること嫌い、批判の声が上がることがあります。

「ラブファントム」のキャストもそういった声が見られました。

女性ファンが圧倒的に多い作品ということもあり、特に男性キャストの桐山漣さんに対する意見がさまざまありました。

スポンサーリンク

ラブファントム・長谷の大人の雰囲気がないから?

 

この作品の登場人物の中で圧倒的人気を誇る長谷慧はスマートで優秀なイケメン(イケオジ)。

その大人の雰囲気を出せる人を期待する声が多く、もっと年齢が上の俳優が良かった!という意見がありました。

確かに、桐山漣さんには落ち着いた大人のイメージというのはあまり無いかもしれません。

スポンサーリンク

Twitterの反応は?

Twitterでもやはり、実写化やキャストに対するネガティブな呟きが多かった印象です。

漫画原作の実写は、ファンから好意的に見られること自体が珍しいですからね。

スポンサーリンク

原作のイメージを覆す期待も!

批判も多い分、今回のドラマでまた違った演技を見せてくれるという期待も大きいようです。

今までの演じてきた役柄のイメージからここで脱却し「大人の魅力」を見せつけてくれるかもしれません。

他の俳優ではなく、「桐山漣の長谷慧」が良かった!となるように期待したいところです。

スポンサーリンク

ラブファントムの実写ドラマの放送が待ち遠しい!

良い意味でも悪い意味でも、気になってしまう「ラブファントム」の実写ドラマ化。

実写化に対する厳しい意見も確かにありますが、楽しみにしている人が大半のようでした。

原作に続いて、ドラマでも女性ファンをメロメロにしてくれることを期待したいですね。

ドラマの放送日はまだ決まっていませんが、詳細を楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました