松本学のさなぎの樹を調査「犯罪者支援は隠れミノ」大阪市マッチングアプリ女性暴行事件

松本学 さなぎの樹事件
スポンサーリンク

松本学容疑者(まつもとまなぶ)は、マッチングアプリで「うずしお先生」と名乗り知り合った女性を脅迫し性的暴行を加えた容疑で逮捕されました。

この記事では、松本まなぶ容疑者のさなぎの樹や住所、Facebook(フェイスブック)、ミノInstagram(インスタ)を調査しました。随時更新されます。

スポンサーリンク

松本学のさなぎの樹を調査「性犯罪者更生団体」

マッチングアプリで知り合った女性を脅迫し、性的暴行を加えた容疑で逮捕された松本学容疑者の「さなぎの樹」を調査しました。

報道によると松本学容疑者は、性犯罪の加害者の更生を支援する団体「さなぎの樹」の代表ということが判明しました。

SNSで知り合った女性に性的暴行を加えたとして、大阪府警は18日、強制性交等容疑で、大阪市旭区太子橋の団体職員、松本学容疑者(48)を逮捕したと発表した。(中略)刑事特別捜査隊によると、容疑者は性犯罪加害者の更生支援をうたう一般社団法人「さなぎの樹」(大阪市)の代表理事。(引用元:朝日新聞

さなぎの樹の公式HPを確認すると、代表理事に「松本学」と記載がありました。

さなぎの樹の住所を確認してみると、大阪市北区芝田2丁目8-11共栄ビル3Fと記載されており、地図画像を確認してみました。

さなぎの樹の事務所はビルの3Fにあると判明しました。こちらの事務所ではどういった支援が行われていたのでしょうか。

HPには、性犯罪の加害者にたいして当事者主体のプログラムを提供すると説明がありました。

HPの記事も多数の記事が掲載されており、性犯罪に対するさまざまなアプローチをする必要があるということを専門的に語られていました。

そんな性犯罪の加害者被害者に寄り添う団体の代表である松本学容疑者がこんなにも衝撃的な形で性犯罪を犯すとは、信じがたい話です。ある意味加害者の気持ちが分かるということで適任のような気もしますが。
「さなぎの樹」の性犯罪者更生プログラムを身をもって松本学容疑者が受けて、反省を促した方が良さそうです。

スポンサーリンク

松本まなぶの住所を調査「大阪市旭区太子橋1」

マッチングアプリで知り合った女性を脅迫し、性的暴行を加えた容疑で逮捕された松本学容疑者の住所を調査しました。

マッチングアプリで知り合った女性を脅して性的暴行を加えたとして、大阪府警都島署などは18日、大阪市旭区太子橋1、自称団体職員、松本学容疑者(48)を強制性交等容疑で逮捕したと発表した。(引用元:毎日新聞

報道によると松本学容疑者は大阪市旭区太子橋1に住所があることが判明しました。以下に地図画像を掲載しました。

Googleストリートビューを確認してみると、付近はマンションや住宅、公園がある閑静な住宅街という感じでした。松本学容疑者は妻子がいるかの情報は入っていませんが、この付近には女性はもちろん小さな子供もいらっしゃることでしょう。自宅付近に性犯罪者がいるというだけで近隣の住民は、不安を覚えるはずです。

海外では、性犯罪者の住所が検索できるシステムがありますが日本には、近くに性犯罪者が住んでいることを把握することはできません。 性犯罪は被害者が名乗り出ない、いわゆる泣き寝入りするということも多くあるため、どこに加害者がいるかわからないで生活するというのは不安ですよね。

性犯罪を犯した人には厳罰をその後の監視もしっかりと行ってほしいものです。

スポンサーリンク

松本学は「犯罪者支援は隠れミノ」

マッチングアプリで知り合った女性を脅迫し、性的暴行を加えた容疑で逮捕された松本学容疑者についてニュースサイトでこんな意見を目にしました。

犯罪の隠れ蓑(かくれみの)にするためNPOなど立ち上げるやからが存在する。

松本学容疑者が性犯罪をカモフラージュするために、性犯罪者加害者の支援団体を立ち上げたという意見でした。

松本学容疑者はすでにわかっているだけで7件の性的暴行を犯しています。そこまで常習性があるということは、自身の犯行を隠すためにあえて性犯罪の加害者の更生を支援する施設を設立したのでしょう。

性犯罪加害者の支援をしているという立場の人がまさかこんな悪質な犯行を侵すとは誰も疑いませんからね。明るみになっているのは7件ですが、被害を訴えていない人がまだいる可能性が高いです。

松本学容疑者が被害者に書かせた誓約書を見ると彼の異常性がよくわかると思いますが、松本学容疑者ほど悪質な犯行をする人間は、犯罪の隠れ蓑にするために支援施設を設立する労力は惜しまないでしょう。

被害女性はもちろん支援施設で更生をしようとした人をも裏切った松本学容疑者には厳罰と監視が必要になってくれます。

スポンサーリンク

松本学のFacebook(フェイスブック)を調査

マッチングアプリで知り合った女性を脅迫し、性的暴行を加えた容疑で逮捕された松本学容疑者のFacebookについて調査しました。

まずFacebookの検索欄に本名を漢字で「松本学」と入力し検索してみました。

数十件のアカウントがヒットしたので、この中に松本学容疑者のアカウントがあるか見てみました。しかし、プロフィールや投稿から判断して、住所地や顔画像を見て同姓同名の別人のものであると判断しました。続いて、検索欄にひらがなで「まつもとまなぶ」と入力し検索してみました。

こちらも数件のアカウントがヒットしました。プロフィールや投稿を見て居住地や職業年齢がわかるものは確認しました。しかし、松本学容疑者本人と判断できるものはありませんでした。最後にローマ字で「matsumotomanabu」と入力し、検索をかけてみました。

すると数件のアカウントがヒットしました。しかしやはりこちらも確認したところ松本学容疑者本人と判断できるアカウントは見つかりませんでした。

今後も引き続き松本学容疑者のFacebookについて調査を続けていきます。

スポンサーリンク

うずしお先生の誓約書がキモすぎる

マッチングアプリで知り合った女性を脅迫し、性的暴行を加えた容疑で逮捕された松本学容疑者の事件に対して掲示板でこんな感想が見られました。

なんやねん、うずしお先生てw

うずしお先生wきっしょ!!

気持ち悪過ぎだわ、うずしお

何がうずしお先生だよ。キモイわ。

こんなうずしおに巻き込まれちゃうほうも謎

うずしお先生(笑)

このようにマッチングアプリで「うずしお先生」と名乗った松本学容疑者に対して「キモイ」というような意見が多く見られました。松本学容疑者は、この名前にある通り、被害女性たちに「先生」と自身を呼ばせ、誓約書を書かせ性的暴行に及んだと見られています。

警察の調べに対しても「誓約書を書いて同意に基づいてプレイしただけ」と言っているというから呆れます…。本当に気持ち悪いですね。

こんな人間が性犯罪の更生支援なんてちゃんちゃらおかしい話です。自分の欲望も抑えられない人間が他の人の支援なんてできるものなんでしょうか。

そしてうずしお先生というネーミングセンスもなんか気持ち悪いです。おじさんっぽさがより出てますね。被害にあった女性たちは脅迫されていたとのことですが、こんな名前のおじさんとやりとりをする前に怪しいと思わなかったのですかね。

スポンサーリンク

大阪市マッチングアプリ女性暴行事件の概要

マッチングアプリで知り合った女性を脅迫し、性的暴行を加えた容疑で一般社団法人「さなぎの樹」の代表理事の松本学容疑者が逮捕された事件の詳細を時系列でまとめました。

  • 2021年7月8日 松本学容疑者は、マッチングアプリで出会った大阪府の20代女性に対して「個人情報をばらす」と脅迫した上で、性的な暴行を加えた。
  • 松本学容疑者はマッチングアプリで「うずしお先生」と名乗り、援助交際の相手を募っていた。返信をした女性に対して免許証や裸の写真を要求し、「誓約書」を書かせた上で性的暴行を加え、その様子を撮影するなどしていた。
  • 7月18日に大阪府警に逮捕された松本学容疑者は調べに対して「同意の上だった」と供述している

松本学容疑者の大阪市マッチングアプリ女性暴行事件について新たな情報が入りましたら随時追記・更新していきます。(…続く)

コメント